抜け毛とシャンプー

シャンプーが逆に抜け毛の原因になっているという説もあります。

 


市販されているシャンプーの多くには合成界面活性剤という洗浄成分が含まれていて、この合成界面活性剤が髪の毛や頭皮にダメージを与えている可能性があります。

 


また、シャンプーには防腐剤や着色剤などが含まれているものもあり頭皮にとっては有害なものである場合もあります。

 


このように有害な成分を含むとされるシャンプーを毎日使用しているわけですから頭皮が荒れ、抜け毛が増えるのも当然といえるかもしれません。

 


しかしシャンプーをしないというわけにもいきませんからまずはシャンプーをし過ぎないよう気をつけましょう。

 


シャンプーは普通1日1回で十分ですし、シャンプーの時間も1〜2分を目安としましょう。

 


必要以上に髪を洗いすぎると頭皮に必要な皮脂まで奪いかえって抜け毛を増加させてしまいます。

 


また秋に抜け毛が気になるという方は、夏の紫外線や、プールの塩素、海水なとで頭皮がダメージを受けているかもしれません。

 


夏に、それらのダメージをシャンプーなどでよくケアしておくと秋の抜け毛が改善されるかもしれません。