目の離れている人は目頭切開法で印象を変える

目頭切開法は、目が離れている人や、目が小さく見える人におすすめです。


目頭切開法とは、蒙古ひだを切り取ることによって目の横幅が広がって、特に鼻側が広くなるので、より立体的な顔貌となって、目元がしまった知的な印象を与えることができます。

・部分切開法
1〜2箇所を5ミリ〜1センチほどを切開して、余分な脂肪や筋肉を取り除いた後で、二重になるようまぶたを癒着させて縫い合わせます。

・全切開法
全切開法は、腫れぼったいまぶたであってもすっきりとした二重まぶたを作れます。
なりたい二重まぶたのラインを切開して、余分な脂肪や筋肉を取り除いた後で、縫い合わせて二重まぶたを作ります。

切開法の特徴とは?
・埋没法のように元に戻ることがほとんどない。
・皮膚の余分な脂肪やたるみを取り除くことができる。
・くっきりとした二重まぶたが作れる。
・傷跡は二重のラインと同様の場所にあるので、目立たない。
・確実に二重まぶたになって、二重ラインも比較的自由に決めることができる。

美容整形費用は、\98,000〜\367,500ほどかかります。